IMAG4823


久しぶりにこんなクーラーを持ち込みたくなる南のサーフに行ってきたけれど…

他の釣り人一人も無し!流れあちこちにあり!ベイトっ気無し!アタリすら無し!
魚1匹跳ねる姿すら見ない完敗。

IMAG4827


最近の週末はあちこちのサーフで連敗中。



IMAG4815


釣れてくれるのはタチウオだけで、望む魚はアタリさえ得られていない。

それでもこの頃自覚する。
次のタックルを考えていない自分。
迷い続けて、答えの無い道具探しの旅を続けることが釣りの楽しみの大部分かのように毎日情報を漁っていたくせに、えらく落ち着いてしまったものである。

この竿とリールの組み合わせでいい。
そう思えている。
迷いが無くなっている。
それは山鱸の釣りを経て、サーフで使うようになっても変わらない。
「究極のストリームロッド」はサーフにも適性があったのか?


まずサーフでは重要な飛距離。
はっきり言う。
自分の場合は「ベンダバールより飛ばない」。
同じルアーを投げても8~9掛け位の飛距離。
メタルジグで言えばラインの出た長さが無理せず80m、ちょっと無理して90m台。
実用十分だからそれがこの竿を否定する理由にはならないけれど、やはりキャスト性能と飛距離についてはベンダバールはすごかったんだなと再認識する。

魚のノリも山で感じたのと同じで、悪くないと思う。
朝マズメに入食いタチウオの半数以上を掛けれたし、ソゲにマゴチにツバス…。
サーフで色んな魚種を獲ることができたからすでにその点は信頼しきっている。

感度。
これはもうベンダバールやC3とは比較にならない。
完全に竿の種別が違うレベルの話。
感度が良ければサーフでは出番の多いワームや鉄系を使おうって気になって攻めの幅が広がるし、何と言ってもやり取りの時に掛けた魚の動きや力を感じられる点が気に入っている。
それがこの竿を使ってみて気づいた「竿に自分が欲しかったもの」と言えるくらいである。

自分がサーフで日が昇ってから必ず一度は投げるメタルジグの「操作」については…適正は無いね。
タダ巻きならいいけど、アクションさせるのはすぐに疲れてしまうので使用頻度が減った。
その分サーフでもプラグで勝負する時間が増えて、竿に優しい釣り人になったかもしれない。

という訳で“MSB-892-PE”である。
サーフでも気に入って振り続けている。

竿やリールを探さない我が心の平穏。

ベンダバールの時は迷い続けていた。
なんとか見た目もピッタリで性能もベストセッティングなリールは無いものかと。
今思えば大好きなC3を持っていても「次の竿」は探し続けていた。
釣りをしている時だけでなく、道具のことを思う時間もまた“ベイト使い”の本分であった。

それがすっかり腑抜けてしまって…


ちょっとつまらないなぁとは感じている。



にほんブログ村