今夜もいつもの堤防。
真夜中だけど、向かいの堤防、テトラの上、あちこちに別の釣り人のライトが見える。
やはりこれは良い時期が来たということなのだろうか?
前回の「強いアタリ」の感触が忘れられない。
あのアコウはまぐれだったとして、その前に何回かあったアタリ。
その正体を知りたくて、また来ずにはいられなかった。

風が強い。
以前数釣りした時のように風裏を攻めるがアタリ無し。
反対に風が当たる正面に。
向かい風で全然飛ばないけど、3gのジグヘッドにワインドの“スパーク40”。
何とか堤防の影の先へポチャリ。
ラインが風で暴れて底までは待てず、中層でピシパシと。
すると…いきなりギュン!!
来たっ!
底に行く!すんごく底に行く!
そして根に絡まれる。外れたが…海藻に化けた。

だから何よ?
中層で喰って、掛かったら一直線に底に走る魚って何よ?
アレでしょ?
これがアレなんでしょ?

その後も何度か連続してギュン!と喰ってくるが…掛からず。
ワームのカラーを変えてみる…。

今度は掛かった!
うぅ~、引く~、楽しい~♪
足元に浮かせ、一気に抜き上げる。これは遂にアイツでしょ!



DSC_0553
…アレ?そんなに大きくなかった。
イヤイヤイヤイヤ。
それでも今まで小さいのばかり釣っていた自分にはまぶしい魚体。
真冬から始めて、やっとやっとの20cm台。
これが普通サイズのちゃんとしたメバルかぁ~。
すごくかっこいいし、この竿でやると引きが最高。
これは釣りのターゲットとして人気あるのも分かるわぁ。

その後はワインドにアタリ1回だけ。
ジグで底を攻めて…チビを追加しただけで終了。
DSC_0554


最近は来るたびに新しい発見があって、まだまだ次の釣りに移れないかも。
メバルって面白いわ~♪