今夜も近所の堤防へメバル狙い。
ちょうどエサ釣りさんが帰るところで、久しぶりに先端の常夜灯下が貸し切りに。

前回ボトムに可能性を感じて追加した4gのジグヘッドでのワインド、5gのメタルジグで沖目の底近くを探っていく。
…が、ワインドに小さなアタリが1回あっただけ。

風が強くなってきて、ルアーを小さなメタルバイブ“小鉄”にチェンジ。
周りが荒れても分かりやすいブルブルを感じながら中層を小刻みに跳ねさせてくると…ギュン!
なんか良いアタリ!
竿先が絞り込まれるが…プンッと抜けてしまう。
同じように続けていると、もう一度冬からのメバル狙いでは経験したことの無い強いアタリが。
しかしそれも掛からず。
今日はコレが正解?

さらに灯りの下、あちこちの方向を同じように探っていく。
ブルルル!
これはいつもの覚えのあるアタリ。


DSC_0455
…でも前回からしたら少しサイズアップ。
今日は予感がする。
間違いなく何かに近づいていっている。

そしてまた…ギュン!
今度は掛かった!
…と、同時に横っ走りの底っ走り。
シーバスではなさそう。
カサゴでもなさそう。
カサゴにしては引きがゴージャス過ぎる。鋭く重い、魚の筋肉を感じるような引きだ。

これは…来たのかも?
遂に冬からずっと釣りたいと思っていた魚が。

しかし慎重にやりとりしていたら根に入られてしまった。
引いてもピクリとも動かなくなる。
しまった、これはやばい。
何としても獲りたいのに!

しばらく何もせず待つ。
ラインをたるませ我慢する。
すると…出てきた!
今度は一気に浮かす。
見えた!赤茶色い!30㎝は軽く超えている!

足元まで寄せるが、竿では抜けず、手でラインを手繰り寄せる。
堤防の高さがもどかしい。
そして遂に堤防の上へ!

赤い魚は跳ねて少し離れたところへ。
やった…遂にやった、堤防から釣った。

夢の尺…






IMG_20170502_021814
アレ?
これはアコウ?
夢の尺メバルじゃなかった…。
こんなん居るんだ。
初めて釣った魚で嬉しいけど…ちょっと複雑な気持ち。
いや、でもこれは今夜はまだ何かあるな。
そう思って釣りを続けるも、クーラーもバッカンも持って来てなくて、転がしておいた魚をずっと鳥に狙われてね…。
美味と聞くこの魚は家族に食べさせてあげたいので残念ながら撤収。

とりあえず…仮想尺メバルとしたら、やり取りはもっと強引に浮かした方がよさそうってのは学んだ。
あと…“小鉄”をもう少し買っとこう。

多分まだ続く。