リールは決めた。
では竿は?

今気になる数本のロッド。
選択のキーは…

・自分にとってこの釣りの目指すゴールは沖磯メバル
・その沖磯の釣りで先輩達から散々聞かされている課題「外道=シーバス」

1.ヤマガブランクス BlueCurrent 78 NANO Bait Model
http://yamaga-blanks.com/product/lightgame/bluecurrentbait/

フツーに考えればド本命。
あまり興味が無かったメーカーだが、“ブルーカレント”と検索するだけで、そのスピニングのシリーズがいかに多くの釣り人に愛されているかが分かる。
最近何かと話題な某アンケートで好きなロッドメーカー2位という番狂わせを起こし、さらに人気急上昇中?


2.アブガルシア Eradicator EBFC-710LT-TZ (Complete Air)
http://www.purefishing.jp/product/brand/abugarcia/a_rod/sw_rod/eradicator/eradicator_baitfinesse_custom_air.html

アブのベイトフィネスの最上位機種“エラディケーター”。
最新の機構を満載した性能に疑いの余地は無いだろうが…なんせ高い。


3.アブガルシア SALTY STAGE SBFC-862LT-LA-KR
http://www.purefishing.jp/product/brand/abugarcia/a_rod/sw_rod/salty_stage/kr-x/SALTY_STAGE_KR-X_Baitfinesse_Custom.html

アブの中位機種“ソルティーステージ”
ワインドに使っているトリプルコンセプトも同じシリーズでその性能…というか、高い堤防からタチウオを抜きあげまくっても問題ない丈夫さをとても信頼している。
そして特にベイトフィネスモデルの中でも希少な8フィート越えのこの竿が気になっている。


4.アブガルシア Salty Style Baitfinesse STBC-792LT-KR
http://www.purefishing.jp/product/brand/abugarcia/a_rod/sw_rod/salty_style/salty_style_baitfinesse_custom.html

アブのエントリーモデルにして最新機種。
パッと見のデザインは良いが実際に手にすれば…多分値段相応に結構チープなんだろなぁという予感。
でもメバル初心者な自分にはコレで十分じゃないかとも思う。


5.ダイワ 月下美人MX B72L・K
http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/salt_rd/gekka_mx_2015/index.html

その照り焼き感のスゴいグリップの色を受け入れられるかどうかが購入の決め手になる問題作。
比較的容易に店で見かけ、実際の調子を触って知ることが出来るのも利点だが、やはりあのグリップは…。

その上位機種は一転落ち着いたデザインだが、これまたAGSという悩ましい決断とそれゆえのお高めな金額が伴う。

月下美人AIR AGS
http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/salt_rd/gekkabijin_air_ags/index.html


6.アングラーズリパブリック ラークシューター LRGC-76XUL BAIT FINESSE
http://www.palms.co.jp/rod/palms-elua/lurkshooter/

もどかしいくらい安易にベイトモデルに手を出さないメーカーの「実は出てました」のベイトフィネスモデル。
元々大型のハタ系を狙うシリーズの中の一番ライトなモデルという位置づけでメバルを狙うには少し強すぎるような…いやこれこそちょい強めな沖磯メバルに最適なモデルのような…
ただなんせインプレ情報が皆無でその答えを知ることはできず。
購入が自然ベイトタックルを巡る「旅」から「冒険」になってしまう一品。


7.ジャクソン オーシャンゲート ベイトフィネス JOG-703UL BF SW-B
http://jackson.jp/products/detail/?products_id=118

安い!とにかくそれに尽きる。


8.オフト スモーキー カミーユベイト77



メバル入門書の広告でたまたまその存在を知った竿。
値段は高めだが、その個性的な外観と一定の釣りに特化した性能が「人と違うのを使いたい」というベイト使いの本能をくすぐる。
しかしまた「クセがスゴイ!」赤い竿を買うという過ちを繰り返すのか…。


9.グラファイトリーダー ’15ヌーボフィネッツァ GNFC-762ML-T
http://www.olympic-co-ltd.jp/fishing/index.php/GNFC-762ML-T

数は少ないがそのインプレやメーカーのコピーを見る限り知ることのできる性能。金額。アルファスAIRに合いそうなデザイン。そして使っている人のほとんど居なさそうな希少性。
実は一番欲しいと思っている竿。

…だが…どうしても気になる…「あそこのメーカーは感度重視ゆえ○れやすい」の噂…。


10.Fishman Beams inte7.9UL
http://fishman.cart.fc2.com/ca1/104/p-r-s/

「使ってほしい!」メーカー。
「使いたい!」ユーザー。
そこにタイミングを合わせるように竿に似合いそうなシマノのベイトフィネス用リールが次々と発売予定で…
http://fishing.shimano.co.jp/search?pcat1=1&pcat2=16

追い風順風。
新情報は常に満載。
その世界の住人となることに何のためらいも必要ないように思えるが…

それでも6万出す前に一度は一歩引いた目線を持つ方がいいと、ベンダバールを手放した自分は助言する。
でも飛ぶんだろうなぁ。
それは間違いなく。



さてこの中から自分はどの竿を選ぶのか…。





にほんブログ村