山鱸を釣りに行く。今シーズン「山」を上るのは5回目。これまでアタリはわずか1回だけ。今日ダメなら…もう今年の「山」はあきらめようかな…。そんなつもりでいつも通り暗い内から投げ始める、いつも通りのリップルポッパー。マズメに期待の釣りだけど、暗い中でアタリが出 ...

ベイトタックルで飛距離を追求する時、昔読んだ『キン肉マン』のあるシーンをいつも思い出す。自分がベイトでの飛距離を伸ばしてきた今までの足し算を、同じような台詞にあてはめて言うなら…「バスロッドを卒業して+200万で300万パワー!リールを替えて+300万で600万パワ ...

神々しく輝いていた。昼間は仕事で車に乗ることも多いが、この時期川沿いの道はあえて避けることも多い。その理由は…好き過ぎて辛い。川を見れば投げたくて仕方なくなるから。あの流れ。あの淀み。ずらり並んだ鳥。そこにデイゲームの釣り人なんか居た日には、もう胸が締め ...

いつもはタチウオ釣りも真夜中主義だけど、珍しく夕方のマズメ狙いで行ってみた。久しぶりに来た近所の突堤はまだ5時すぎからすごい賑わい。すでに20人位の釣り人が来ている。そのうち半分が先端の常夜灯下にギューギュー詰め。あんなトコでよーやらんわ。自分は突堤の真ん中 ...

今年の春に夢中になった「ベイトタックルでメバルを釣ること」。特に沖磯メバル初体験では、釣行を終えたその後も数日ベイト使いの師匠である“わんぱくおやぢ”サンと究極に適したベイトロッド探しの情報交換に盛り上がっていた。尺メバルを狙う5~10gのジグヘッドの使用が ...

「寒い寒い!この下Tシャツ1枚なんやけど…」彼は集合場所で震えていた。急に冷え込んだ真夜中の川。“kamikaze”サンと釣りをする。彼が来るのはいつも突然。今回連絡が来たのはついさっきの夕方だった。それでも会うのが嬉しくてね。なんといっても今回は“モンスタースト ...

↑このページのトップヘ