コノシロパターンに憧れて。そんな釣りが成立して、80~90cmの魚が乱舞しているという噂を耳にしてある場所に通った12月。釣り場で会う人に聞く話では「すでに終わった」とのことでナブラ1回見るチャンスも無く。最後の釣りは「野生はどこに?」と言いたくなるような静かな海 ...

年の瀬にまた面倒な用事を増やす。ここから先を自分で開けるかどうか。「ベイト使いの瀬戸際」である。あまりリールを回さない最近の釣りに行く少なさは、ハンドルを重くしてしまった。こりゃー、中で何か起きてる。不器用なクセに自分でバラすのは、何度やっても正直あんま ...

久しぶりにこんなクーラーを持ち込みたくなる南のサーフに行ってきたけれど…他の釣り人一人も無し!流れあちこちにあり!ベイトっ気無し!アタリすら無し!魚1匹跳ねる姿すら見ない完敗。最近の週末はあちこちのサーフで連敗中。釣れてくれるのはタチウオだけで、望む魚はア ...

釣りについて言えば、寒くなるのは嫌いじゃない。釣り人が減るし、もし会ってもこんな寒い中頑張ってますねと仲間意識芽生えてしまうし、魚も張りがあって一番綺麗な時期だと思う。そして釣り人の、お父さんや勤め人としての日常を乱すことなく寒い冬の夜中や朝マズメに狙え ...

清流の瀬にまだ多く連なる鳥の姿を見ると、まだ山と川で…なんて未練がましくなってしまうけれど、秋という釣りには良い季節に色々と楽しまず居るのはもったいない。今年こそ去年は山に執着し過ぎて逃してしまった、秋のサーフの楽しみを味わうことにする。今週もマゴチが食 ...

サーフに行こう。少し遠出しようかとも考えたけれど、地震が続いているのが気になって近場へ。前回ソゲが釣れたゴロタサーフ。他に釣り人は無く、暗い内からミノーで探っていく。まだ暗い時間に…ほとんど回収気分で巻いていたら波打ち際でググン!と何かが喰ってきた。アワ ...

↑このページのトップヘ